AirTunes

AirTunes使っていて、どうも無線の調子?が悪いのか
再生が安定しないので、有線でAirTunesする事にしちゃいました。
 
原因として考えられるのは
・無線親機(ルータ)との相性
・ファイヤーウォール(ESET Smart Security)との相性
 
とまぁこんな感じでしか思いつかないんですが
やっぱり一番アヤシイのは、親機との相性というか親機でしょうね。
ルータ側に無線機能(カード)入れて使っていますが
X31の無線もたまーに繋がらなくなったりするし、パケット落ちする事もあるようで
ぶっちゃけNECのルータは信用出来ない(昔の思い出から)ので、バリバリ疑ってます。
親機って、TEPCOからレンタルなんですよねぇ…メーカー変えてくれないかな…。
 
そんなわけで、AirTunesと言いながら実は有線になっちゃいました。
正直なところ、まぁ最初の用途から考えたら少々方向性が変わってしまいましたが
安定するなら別に有線でも構わないって感じになったので、これで良いのかもしれませんね。(´¬`)
 
…んー、ふと思ったんですが
この親機使うのを止めて、AirMac Extremeでも導入すれば
無線のアヤシイ挙動なんかも、一発で解決しそうな感じがします。
それとも、無線カード止めてアクセスポイントでも追加した方が堅実的かなぁ。
どうせAirMac Extreme入れるなら、iTunesの管理はMac側でやらせたいし
そうなるとMac miniに(Mac miniそっくりの)外付けHDDを追加して運用が良いのかな。
ついでに、GreenhouseのMac miniそっくりのウーファーとアンプ+スピーカーも重ねると面白いし。
…やべえ、こんな思考してるとホントにそんな環境になりそうで怖いですね。
 
 
色々設定変えるついでに、ベースステーション(AirMac Express)の名称も変更。
 
 メインPC 天叢雲剣
 サブPC 八咫鏡
 AirMac Express 八尺瓊勾玉
 
んーで、これで会社のノートが来て設定すると以下の通りになる予定。
 
 メインPC 天叢雲剣
 サブPC 八咫鏡
 ノートPC 天之尾羽張
 AirMac Express 八尺瓊勾玉
 
んん、ノートを八咫鏡にしてサブPCを草薙剣(天叢雲剣の別名からサブ的な要素を持たせる)が良いのかな
なかなかに意味・要素を考えて見るとなかなか難しい規約ですね。(‘A`)
そのうちなんとかしよう、うん。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中