LOOX Uと Lifebook P-8260

まず写真から。

外観

開けてみた

なんて言うか、大きさ的に一回り違う程度だけど
画面サイズが基本的に Lifebookの方が大きいし K/Bもノートと同じくらいなので
当然の事ながら、Lifebookの方が使い勝手は良い感じです。

 LOOX U50 X/N
 外観サイズ(Lバッテリ装着時) : 171×154×32.0mm 580g
 画面サイズ : 1024×600 (WSVGA)

 Lifebook P-8260
 外観サイズ(Lバッテリ装着時) : 232×186×34.5mm 985g
 画面サイズ : 1280×768 (WXGA)

重さはどちらも1kg未満ですので、二つ持ち歩いても普通のノートと同じくらい。
まぁ、両方を同時に持ち歩く事はあまり無いと思うんですけどね。
…自慢しに行く時くらいですし。ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`ν゜)・;’.

あと、ついでなので
メインPCや LOOX U、Lifebookに GDI++を入れて画面をスタイリッシュにしてみました。
サンプルとしてLOOXの画面キャプチャを載せてみます。

デスクトップ

ブラウザ(iGoogle画面)

ブラウザ(ニコニコ動画)

GDI++を入れると重くなるイメージがありますが
まぁ最近のPCはパワーと描画能力だけはあるので、体感するほどの負荷は掛かってないようです。
LOOX Uだと CPU処理で多少の負荷は見られますが、ブラウザ程度なら問題ないですね。

基本的に MacOS Xのようなアンチエイリアスが掛かるので
使用するフォントにも寄りますが、かなり全体的な文字の格好良さが変わります。
ここまで綺麗になると、ヒラギノフォントを買って入れてみたくなりますね。
…ヒラギノ、すげー高い(※)のでなかなか買うことが出来ませんけどね。

   ※だってさー、1フォント 9k程で6フォントセットで 45k位掛かるんですよ?

GDI++は、起動時に自動起動するように設定しておけば
ほぼ全体(アプリ含む)に影響するので、アプリ毎に登録したり面倒が無くて楽です。
Mac派な私は必須と言えるでしょう、多分。(*゚Д゚)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中